今もなお

東日本大震災からもうすぐで、3年が経とうとしている・・。3年と言う年月と言うのはびっくりするくらいに長芋の・・でも、本当にその年月と言うのは長いものなのか・・。実はとっても短いのでは??だって、今の福島の復興はいったいどのようになっているのだろう・・・また、何もしていない私がどうこう言えるようなことではないのかもしれませんが・・一時期は芸能人が訪れたり、番組でも多々取り上げられていた福島・・・。でも、今となってはその実情を知る人と言うのはとても少ないような気がする・・そして、関東に住んでいる私たちだって、本当に怖い思いをしたのに、今となってはその怖さと言うのを忘れてしまっているような気がする・・・。人間って愚かだな・・・。

たまにテレビでやっている福島の状況と言うのは、改善されてきている部分はもちろんあるにしても、やはり生活をしていくにあたって、大変な思いをしている人はとても多いように感じる・・今までは自分の家に住み、何一つ不自由なく暮らしていたって、1日で・・いや、たったの数十分でそれが壊れてしまうというのは・・想像を絶すること・・・。

で、そこで今なお問題になっているのは、福島周辺で増加し続けている被災したペット。繁殖をし続けその数問のも問題にはなっていますが、その野生化と言うのもとても問題視されているのだとか・・。でも、家族も迎えに行くことは出来ない・・・。私も実家に犬をかっていますが、犬だって家族同然なんです・・・。それを置いていく、と言うのはどういった気持ちなんでしょうか・・。人と犬の命ってそんなにも命の重みは違うのでしょうか・・。

例え助かったとしても、自身だったり、その余震によるストレスと言うのは、人間以上にもきっと感じている動物もいて・・・でも、一般の人間と言うのは、あまりそこまで気には出来ないんですよね。・・・こうはいっても、人間が大事というのも分かりますが・・・。どうか、いつかはみんなが無事に飼い主の元へ帰れますように・・

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.