恐怖の鍋

冬と言えば鍋!!作るのも簡単だし、野菜たっぷりでダイエットにもいいし、主婦の強い味方!!特に作るのなんて、切ってお鍋に入れるだけですよ!!あとはだしを入れて火をつけるだけ。最後のシメだけ何かしっかり考えておけば、完璧!!調理時間はわずか10分程度ではないでしょうか・・・??しかも、お野菜たっぷりだし、ゆでているからヘルシー!!と思っていたのですが・・・実は落とし穴はここにあって・・・

まずはメリットですが、先に述べたように、野菜類がしっかり食べられて、タンパク質の素材や炭水化物も食べられるという栄養面からもバランスがいい料理であることには間違いないらしいです。しかも、満腹感も得やすい!ですし、体を温めることから代謝アップにもつながるそう。ちゃんとした食べ方をしていればですが・・・

しかし、その落とし穴、と言うのは・・・例えば、お肉だと、茹でているような状態なので脂が抜けるからいい、と思っているかもしれませんが、食材からでた脂はしっかりスープに溶け込んでいるので、摂取しなくて済む、と言うわけではないのです・・・結構、その具材選びは大切。場所によっても違いますが、バラ肉などは100グラムあたり約300キロカロリー以上もあるので、あっという間にカロリーオーバーに・・・でも、細かく脂肪の入った牛肉や豚のバラ肉は脂の旨味が鍋を美味しくしてくれるんですよね・・・でも、ダイエット目的であればロースやもも肉の方がいいようです・・・。あとは、肉団子などをつくるひき肉ですが・・・ひき肉は少なくとも2割は脂身で構成されていることが多いので・・・思っているよりもカロリーは高い事があるようです・・・あとは、有名なのは、鶏肉の皮の部分ですね。美味しいものは基本的にカロリーが高い・・・

美味しく食べたい時はこういった話も忘れたいですが・・そこになにかしらの目的がある際はしっかりと意識して食べたいですね!食べても太らない体が欲しいなー・・・

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.