ビールと女性

女性にとっていい効果が沢山ある飲み物、それはビール!!というと、少し疑問を持つ方もいるかと思いますが、最近の研究Kら、ビールは女性にとっていい効果がある、という事がすこしずつ実証されてきているようです。

まずは、ダイエットの効果からなのですが、エストラッチ博士とラムエラ博士は57歳以上の男女1249人を対象に、今回のビール調査を行ったらしいのですが、対象者たちはエールビールやラガービールを適量に摂取することで、糖尿病や高血圧にかかりにくくなり、更には体脂肪が減ったと言う人がいたそうです。実は、ビール酵母はビールを作る際に出来るものなのですが、タンパク質を約50%、食物繊維を約30%、その他、ビタミンB群、各種アミノ酸や、ミネラル分、核酸などの栄養素を豊富に含んでいて、天然マルチサプリメントとも呼べるほどだそうです。また、ビール酵母自体は、乳酸菌が腸内で増殖するのを助けたり、余分なカロリーの吸収を抑えてくれるので、ダイエットにいいとされているそう!!・・・実は今は授乳期でお酒が飲めないのですが・・・それを聞いたら早く飲みたくなってきてしまいました・・・。

また、女性に嬉しいのはホルモンにも効果があるようで、女性ホルモンのバランスの乱れから生じる更年期障害や、肩こり、冷え症、肌の老化予防など、女性特有の悩みをかいぜんする効果があると言われているようで、ホップに含まれるバイオフラボノイドは閉経後の女性ホルモン治療に用いられるエストロゲンに似た働きをするらしいです。また、年配の方に嬉しいのがアンチエイジングこうかもあるということ。ビールのイソフムロンやキサントフモールが赤ワインのポロフェノールに負けないほどの抗酸化力があるようです。

なんだか、お酒!!という風にしか今までビールを見ていなかったのですが、こんな薬のような、また、サプリメントのような効果があるのであれば、積極的に飲みたいですよね!今はノンアルコールで凌いでいるのですが・・・どうなのだろうか・・・

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.