たまにドカンと請求がきたっていいじゃないか

来月のクレジットカード請求はどんなもんか調べてみたら、なんと7万円。想定外での金額です。最近はそんなにカードを使ってはいなかったんですけどね…… 節約中だっていうのに、参ったもんです。

「7万円くらいたいしたことないだろう」なんて言わないでくださいね。僕の生活状況だと月7万の請求でもかなりかつかつになってしまうんですから。家賃と生活費、それプラス少々の娯楽費、毎月の車のローン。これらで精一杯なので、カード請求額を加えると貯金に回すお金がなくなってしまうのです。

「じゃあカード使わなきゃいいのに」って言われたらおしまいなんですけどね、ネットで買い物したり、高いものを買うときに財布の中身が空っぽになってしまう場合があると、ついカードを使ってしまいます。「未来の僕よ、がんばれ!」ってね(笑)。

しかし、そんな感じで使っていても、使いすぎないようには気を使ってはいるんです。クレジットカードの請求が来るタイミングってまちまちで、早すぎたり遅すぎたりもするんです。だからそれによって今月のように請求が重なって大きな請求額になってしまうときがあるのです。

請求の内訳を調べてみたら、案の定2ヶ月以上前の請求が今回来たりしていました。もうすっかり忘れていたころの出費なので、痛さもさらに倍です。忘れていた振込みがあって、口座残高が思っていたより多かったラッキーの真逆ですね。それと、予想外に早かった請求も重なってます。もっと悠長に請求してもらえると助かるのに(笑)。

でも、これも考えようですよね。まとまった請求が同じ月に重なるということは、来月、もしくは再来月の負担が少なくなるってことですから。これから1、2ヶ月は請求にびっくりすることはなくなります。

それに、一度ドカンと大きな請求を食らうと、財布の紐がきつくなるのと同じように、クレジットカードに手を伸ばすことも避けるようになりますから、節約を心がけるいいきっかけになりますから。

なかなか危機感を感じないと節約ってはかどりませんからね。逆にこんな感じの驚き請求がたまにあったほうが、節約にも力が入ります。

節約が一番難しいのは、ちまちまとお金を使うことですからね。コンビニでドリンクやお菓子を買ったり、お酒やタバコを愛好したり、高額ではないものの小額がちりも積もって節約の弊害になるのです。しかも徐々に負担が積もっていくものですから、当人もこれくらいなら節約の妨げになっていないと勘違いしてしまう門なんです。

使うときはドカンと、使わないときは全然使わない。これが一番です。たまにドカンとやらないと、ストレスも溜まりますからね。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.