米ぬかの使い道

精米機を買って1カ月ほどが過ぎました。
そしてこの春、精米後の米ぬかが新たな使い道として開花しました。

ほれ、これこれ。

タケノコを茹でる時に、アク取りに使いまーす!
今まではタケノコを買った時に付けてくれる米ぬかを使っていました。
でも今年からは米ぬかも自前でイケます。
「米ぬかは要りません、大丈夫です♪」って素敵な笑みで言えるわっ。
これで私もナチュラル派のステキな奥さん的な感じに見られるかしら?(妄想、笑)

生活に無駄なものはないんだなって改めて思うことが出来ました。
例えば野菜だって、そうですよね。
大根の葉っぱを食べない若者が増えているそうですが、ちゃんと炒めればキンピラになるし、塩もみでお漬物になるし、お味噌汁の具にだってなるんだから。
さすがに食べられないキャベツの外側の葉だって、天日干しすると立派な腐葉土になって花や野菜を植える土を柔らかくしてくれるんですよ!

昔はみんなこうやって無駄なく生活していたはず。
今の便利で物が豊富な時代に、ふと振り返ったりするアラフォー主婦なのでした。

そうそう、米ぬかは床磨きにも良いそうで。
やってみたいけどニオイが気になるのは私だけでしょうか!?
もうちょっと調べたあとに、ぜひ緒戦してみたいと思います!(^^)!

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.