妄想デザイン

電車に乗っていて
TEIJINのフレキシブルドックの釣り広告を発見。
フレキシブルドックの顔面と

フレキシブルドックの枠内に
『いま見ている、この広告も
フィルムでできた
うすーいディスプレイになる、かも。』
というキャッチコピー入れた構成。

なんとなく昔見た曲がる有機ELディスプレイ(?)の記事を思い出しました。
見たのは数年前なので今有機ELがどこまで進化しているのか
分かりませんが。

実際に有機ELやTEIJINのフィルムが車内の釣り広告として
普及するのは何年後なんだろうとか

そのためには紙数十枚の値段=有機ELの値段位に
コストダウンしないといけないんじゃないかとか
電気代はどうなるのかとか、プログラムはどうするのかとか

区間を分けてアプローチする広告を変えるのか、
それとも終点で専門家が切り替える形にするのか、
切り替えをボタン一つ出来るタイプにして駅員に任せるとか

メンテナンスは広告代理店持ちなのか鉄道会社なのか、
それとも何処かが専門の会社を作るのかとか
そのための予算はどうなるんだろうとか
ドット欠けとかあったら交換するんだろうなとか

釣り広告を交換する作業員は今のうちに
コンピューターの操作に慣れておかないと
大変なんだろうかとか、研修とかあるんだろうかとか
時給いくらになるんだろうかとか

CMYKの減色混合ではなくてRGBの加色混合への変化に
戸惑う職人さんたちも多いんだろうなとか

そのうち3Dの薄型吊り広告とかも出るんだろうかとか
字幕の表示は3Dと相性悪いと聞いているけど
吊り広告として出てくる頃には問題が解消されて
いるんだろうかとか……

何か楽しくなってきた。

妄想するだけならタダですから。
お金かからないし誰にも迷惑かけないですし。

もしかしたら絵にかいた餅でも
絵画として価値が生まれる可能性があると思いますし。

ちなみに、妄想はほぼ趣味ですね(笑)
常に何か考えていると言った方がいいかな。
この間も、電車の中づりの広告でアンジェリカがとっても綺麗に
出てたんですよ。
女性でも見とれる美しさってやつですね。
それで、ふと、全身脱毛してるんだろうか・・・という疑問をもちまして。
してるだろうな!この美しさは相当の美意識があるはず!と勝手に思い、
私もその足で脱毛サロンへ申込みにいきました(笑)
行動力のある妄想オタクってのも、いいかもしれません^^v

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.